HOME > 看護師の思い出話 > 総合病院にある整形外科に勤める看護師

総合病院にある整形外科に勤める看護師

あなたが整形外科に入院する事になったいきさつを教えてください

私が小学3年生の時の話です。
ある日、急に右足のお皿が痛くなって、慌てて病院へ行くと『半月版が悪い』との事でした。
「半月版は無くても大丈夫な物なので、手術で取りのぞきましょう。野球選手も半月版手術をして、取り除いた人は沢山いますから安心してくださいね。」と言われ、入院し手術をする事になりました。

あなたが入院した病院はどんな病院でしたか?

総合病院です。
沢山の科があるので、風邪など他の病気になっても、安心がありました。
入院した期間は2週間くらいだったと思います。
手術前日に入院をして、手術後は、回復を見てリハビリをして過ごしました。
リハビリも手術後は、全く体が動きませんでしたので、足を上げたくても全く上がらず、手を添えて援助してもらっていたので、大変だったです。
援助してくれた、看護師さんは、可愛らしい人が多かったのですが、中には口調の強い看護士さんもおり、ビクビクしていました。
その看護師さんに当たった時は痛くても、「痛い」とは言えずに我慢していました。

あなたが、入院前にしておけばよかったことは何ですか?

入院中、時間がありすぎるので、雑誌やゲーム本などを準備しておけば良かったと思いました。
私は入院当時、子供だったので動きたくてたまらず、母にお願いをしてマンガを10冊買って来てもらいました。
何回も読み直すほど一日が長く感じました。

これから入院する人にアドバイスをお願いします

女の子なので、パジャマをオシャレにしたり、ビーズなどの遊び道具を準備しておくなど、工夫をするとそれなりに入院生活は楽しめるかもしれません。
ただ、本当に暇な時間が多いので、リハビリを一生懸命して退院へ向けて努力する事をお勧めします。
リハビリの時間でなくても、自分で足や手などを意識して使うようにしたり、先生の許可があるのならば元気な部位を怠けさせないように動かすなどすると良いと思います。